映画『事故物件 恐い間取り』亀梨和也 インタビュー

Interviews
2020-08-28 19:00:00
「事故物件」…それは殺人・自殺・火災による死亡事故等があった“いわくつき”の部屋。そんな事故物件に住み続けている1人の芸人がいる。彼の名は松原タニシ。<事故物件住みます芸人>として活動するタニシ氏の実体験による著書で、「恐すぎて部屋に入れない」読者が続出したベストセラーノンフィクション「事故物件怪談 恐い間取り」が映画化。映画『事故物件 恐い間取り』が、亀梨和也を主演に迎え、本日2020年8月28日(金)より全国公開中。

KAT-TUNのメンバーとして絶大な人気を誇り、数々のドラマ・映画にも出演する亀梨。売れない芸人・山野ヤマメ役として、ホラー映画には本作で初出演となる。監督を務めるのは、『リング』(98)で日本映画界のホラーブームを牽引しその後も数々のヒット作・話題作を生み出し、『スマホを落としただけなのに』(18)の大ヒットも記憶に新しいホラー映画の巨匠・中田秀夫。

この記事の関連キーワード

映画

Related News