【詳細】映画『サヨナラまでの30分』上杉柊平インタビュー

Interviews 映画 音楽
2020-01-24 10:03:00
3
新田真剣佑と北村匠海のW主演で贈る、完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』が、2020年1月24日(金)に公開される。

1年前に死んだ人気ミュージシャンのアキと、人と距離を置いている就活中の颯太。出会うはずのない、正反対の2人をつないだのは、アキが遺したカセットテープ。再生ボタンを押した30分間だけ、アキは颯太の体を借りて、恋人やバンド仲間に会いに行く。それは颯太と彼女との出会いでもあった――。

明るく物怖じしない前向きな性格だが、1年前に死んでしまったバンドボーカルのアキを演じるのは、その確かな演技力で話題作への出演が絶えない俳優・新田真剣佑。人と関わる事が苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生・颯太には、若者の絶大な支持を受け、ダンスロックバンド「DISH//」のVo.&Gt.としても幅広い活躍をみせる北村匠海。これまで3作品で共演し、プライベートでも仲の良い2人が、本作では演技の面だけでなく、歌唱、そして楽器演奏で過去の共演作を塗り替え、新境地に挑んだ。

今回、アキが所属していたバンド「ECHOLL」のドラム担当で、ぶっきらぼうだけど誰よりも熱く、男気溢れる重田幸輝を演じた上杉柊平を直撃!! 自身もヒップホップ・クルー「KANDYTOWN」のメンバーとして、音楽活動を行う上杉。オール長野ロケでの和気藹々とした撮影秘話はもちろん、役柄へのこだわりや仲間と一緒に何かを作り上げていく素晴らしさ、今後積み重ねていきたいことなど、バンドメンバーの背中をドラム担当として見守った、上杉ならではのインタビューをお見逃しなく♪
Q.上杉さんは実際に音楽活動に取り組んでいますが、今回の映画も音楽をテーマにしたものです。この映画に参加してみて、また脚本を読んでみて、そして楽曲を聴いてみてどんな印象を受けましたか?

上杉柊平(以下、上杉):音楽がもともと好きなのもありましたし、そういった一芸のある役というのはスキルも求められるもので面白そうだなと前から思っていて、ぜひやってみたいなと感じてオーディションに挑みました。

脚本をいただいてからは、何度も読み込んでみたんですが、作品の中で(新田真剣佑が演じる)アキと、(北村匠海が演じる)颯太という2人が入れ替わるんですよ、そのことが文字だとなかなか伝わらない部分があって、楽曲もまだその時にはできあがっていなかったので曲も想像しながらということで、わからないことだらけでしたね。

でも、曲を聴いたとき、もうそのときにはドラムの練習も進んでいて、ああこの曲がこのシーンで流れるんだとかわかったときに、自分の中でいろんなものがマッチしました。曲を聴いてからやっといろいろなものがつながりだしたという感じでしたね。
Q.ドラムはどれぐらい練習されていたんですか?

上杉:半年くらいですかね。最初の頃は10日に1回ぐらいのペースだったんですが、曲ができあがってきてからはペースをあげないと間に合わないということになって、それでもぼくの練習不足もあって、一気にやりこんだのは最後の2週間とか集中して一気に攻めていった感じです。先生には本当に迷惑をかけました。

全部で6曲あったのですが、それぞれ個々で練習を重ねて、撮影に入る2日前にはじめて全員揃って、朝から晩まで2日間ずっと練習をするという時間を作っていただきました。みんなの顔を見て、演奏を聴いたりしながら、役としてのキャラクターもつかみつつ、バンドとしての精度も高めていくという時間になって、あの2日間で映画のすべてがキマった感じがします。
Q.バンド解散後は塗装業をやっているという役でしたが、とてもファッションセンスに長けた人物というふうに見えました。おしゃれな人物としての役作りというのをしたのでしょうか。

上杉:衣装について話はしました。最初に衣装合わせに行ったときに非常にシルエットが細かったんですよ。ぼくはふだん3XLとか自分より大きい服を着るんですけど、衣装さんが「今日持ってきてるのは全部違うわ」といってその日は衣装合わせがなくなったんですよ(笑)。一着だけ着たら、「止めよう。また借りてくる」って言って。それで後日にオーバーサイズのふだんの上杉柊平に近いものを持ってきてくれて。現在の自分に比べるとちょっとだけ若い、2、3年前ぐらいの自分の私服に近いような服が多かったですね。

Q.バンドメンバーの中で最年長でしたが、その部分で何か役柄的に気をつけたことはありますか。

上杉:ぼくとキヨ(清原翔)は自然に最年長という意識を持ってたので、ぼくらがしっかりしていようというのは常にあったと思います。ぼくはドラム担当の役で、演奏中みんなの背中が見えていたので、「おれがここでしっかりしていよう」という意識は自然とありましたね。(ベースの清原さんと)よく頻繁に目を合わせるようにしていましたし、ここが崩れないように、演奏だけでなく役として、他のみんなが好き勝手やれるようにしたいなと。そういう意識はありましたね。

Q.劇中で打ち上げのシーンなどで、和気藹々としたシーンがすごくいい雰囲気なのですが、実際の撮影時もあのような感じなのでしょうか?

上杉:そうですね。あそこまで全員でというのはなかなかなかったですけど、撮影中はずっと長野にいたので、毎晩誰かしらと飲んだり、部屋に行ったりとか、スタッフさんを巻き込んでみんなでごはんに行ったりとか、毎日あんな感じでした。実際あんな雰囲気ですね(笑)
Q.死んだはずのアキがまったく別人の形でメンバーの前に再び現れて、徐々にまた音楽を始めようという流れがあったと思いますが、その辺の心境の変化についてどのような演技を心がけていましたか?

上杉:ぼくの役、重田の心情としては「アキじゃなくちゃ意味がない」と思っている。アキがいた時の「ECHOLL」というバンドが好きだったわけで。ただ、やっぱりひとつのバンドをやってきた人として、颯太が作る音、颯太が引っ張っていくバンドの音というものに、重田という役でもそうだし、上杉柊平個人としても惹かれるものがあったから、自然とそこには前向きになる、もう一度バンドをやっていこうという気持ちが現れる。それをいつのタイミングにしようか、というのは監督とすごく話していて。どこのシーンだったかな。颯太が1人でピアノを弾きはじめて、「stand by me」という曲を歌いはじめるときに、ギターとドラムとベースがちょっとずつ(演奏に)加わっていくんですけど、そこではぼくの心情としては、まだ前向きになれてなかったんですよ。でも、叩かなくてはならない。前向きにならなければならないという状況で。そこで監督と話し合って、どうしたんだっけな。叩き始めはまだ前向きじゃなくていい、その曲の間で方向を変えていこうよ、ということになって、そこからですかね。拒絶していたものが開いたのはあそこからだと思います。

やっぱり音の力ってすごいな、と。あの音楽とか颯太の歌声をあの距離で聞いていなかったら、聞かない状態で「颯太とやるから」と言われていたら、ぼくは絶対やらなかったと思うし、やっぱりそういうことかな。それが音楽かな、と思います。
Q.仲間と一緒に何かを作り上げていくことの素晴らしさがこの映画のひとつのテーマになっていると思いますが、実生活で仲間と何かを作り上げる素晴らしさを感じた場面はありますか?

上杉:今も仲間と音楽を作り続けているし、仲間とライブをしています。そういった経験が今も積み重なっていると思います、毎日のように。音楽がやりたくて集まったわけではないんですよ、ぼくらのグループって。もともと幼馴染のぼくらが好きなものが音楽で、みんなで「KANDYTOWN」を始めて。

Q.そうした経験が今回の撮影にそのまま生かされていますか?

上杉:またそこは全然違いましたね。「ECHOLL」の場合は一度止まっているものが再び前に動き出さなくてはいけない。「KANDYTOWN」はずっと前に進み続けているので、その差はあったかもしれない。

ただ、今回の映画は、完全に未経験のもので、ちょっとしか会っていないメンバーと演奏している、ということでぐっとくるものはありましたね。
Q.アキはグイグイ扉を開けていくタイプで、颯太は内向的になにもかも1人でという対照的なタイプでしたが、上杉さんはどちらのタイプですか?

上杉:ぼくは完全に1人でいるタイプですかね。本当に信頼している人とは毎日でもいられますけどほんの一部なので、基本的にはぼくは引きこもりタイプです。家にいます。扉開けるのは好きじゃないですね、めんどうくさいので(笑)。家が好きですし、1人でキャンプも行きますし、1人で海外も行くし。

颯太の就活のシーンで、LINEのグループに誘われて「受かるかどうかわからない人とつながってどうするんですか?」と断るシーン、あれは完全にぼくと同じです(笑)。そういうところはすごく颯太に似ている。そっくりですね。

かといって自分では、あれほど人と話すのが嫌いではないんですよ(笑)。今もこうして話してアウトプットすることで整理されていく部分もありますし、お話することは好きなので、そういった部分はアキなのかもしれませんが、根本の部分は颯太の陰湿な、1人の空間にいることがぼくは好きです(笑)。
Q.北村さんがアキと颯太の対照的な二役を演じましたが、そばで見ていてどうでしたか?

上杉:いやすごいですよ、実際。表面的な違いじゃないから、何が違うと言われてもうまく言えないんですけど。単純に目を見開いてとかであればわかりやすいんですが、中から違うんです。喋り方だけでなく、演奏の仕方もそれぞれ違うし、時間もない中でパッと切り替えてお芝居に入っていくのは、すごいなって正直に思いました。かっこよかったです。

Q.今回、オール長野ロケでしたが良かったところはどこでしょうか?

上杉:たくさんありましたねえ、ただぼくは本当に毎日サウナに行ってたのでサウナが良かったです(笑)。サウナにはまったのは長野、このロケ中なんですよ。匠海に「柊平くん絶対サウナ好きだよ」って言われて、そのときはなんのことかわからなかったんですけど行ったらまんまとハマっちゃって。

長野はやっぱり水質が違う。「何言ってんだろ?」って思われそうですけど(笑)、実際本当にそうで、長野の水は、サウナ入った後に、パキッと「整う」んですよ。

他にも良かったところはいっぱいあります。ぼくは神社がすごく好きなんですけど、近くにあった四柱神社もすごく好きでしたし、またなにより人がいいですね、皆さん。すごく協力的でしたし、お店行ったら「また来たのー」って歓迎してくれたり、「がんばってください!」って応援してくれたり、松本、上田、長野全体で協力していただいたからできたと思います。
Q.今回の映画のテーマのひとつが、カセットテープの繰り返しの録音で音が積み重なっていくということだったと思います。上杉さんご自身、俳優としてはもちろん、音楽活動、モデルなど様々な活躍を積み重ねていっていますが、今後さらに積み重ねていきたいものはありますか?

上杉:未来の展望はあんまり考えていることはなくて、考えたくないと思ってます。いろいろやりたくなる方で、コーヒー屋もいつかやってみたいし、お花屋さんもやってみたい。最終的な目標として、ぼくは一軒家を3つ建てたいんですよ(笑)。母親と父親に一個ずつと、ぼくの一軒家を。インテリアが好きだし、最近建築学を勉強しているのもあって、理想の家を建てるというのはひとつの目標ではありますね。

こうしてお話していることも積み重ねですし、今日家に帰る途中もそうだし、思うこと全部が積み重ねだから、出会う人、別れる人もそうだけど、無駄なく全部積み重ねていけたらいいなと思うし、これまでもそうしてきている自信はあります。これからも積み重ね続ける人生になればいいなと思っています。

Q.最後にSGSのユーザーにメッセージをお願いします!

上杉:「生きてる」って選択の連続ですよね。

で、どっちの道に行っても後悔するんですよ絶対に。あっちやっておいたら良かったなって思う時が必ずあるので。どうせそうなるんだから、その時最初にやりたいと思ったものを選べばいいと思うし、その時その時にやりたいことをやればいいと思う。そんなに未来のことを考えないで、今のことを考えてがんばってください。

▼▼ [プレゼントの応募はコチラ] ▼▼

[プロフィール]

上杉柊平
1992年5月18日生まれ、東京都出身。

2015年にドラマ「ホテルコンシェルジュ」(TBS)で俳優デビュー。主な出演作は、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16)、「砂の塔~知りすぎた隣人~」(16/TBS)、『A.I. love you アイラブユー』(16/宮木正悟監督)、『一週間フレンズ。』(17/村上正典監督)、「ドクターX~大門未知子~」(18/EX)など。第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門で国際批評家連盟賞を受賞した『リバース・エッジ』(18/行定勲監督)では猟奇的な演技を見せ話題を呼んだ。さらに1980年代の日本のシティポップアイコンとして世界中のDJの間でブームになっている竹内まりやの「プラスティック・ラブ」(84)を新しく解釈したMVにも出演。自身もヒップホップ・クルーKANDYTOWNのメンバーとして音楽活動をしている。

本予告映像


<ストーリー>

メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。

1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太が現れ、メンバーのヤマケン、重田、森そしてカナに再結成を迫る。――実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!

偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。

ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。

カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていくー。

映画概要


【サヨナラまでの30分】
2020年1月24日(金)全国ロードショー
出演:新田真剣佑 北村匠海
久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原 翔
牧瀬里穂 筒井道隆 / 松重 豊
監督:萩原健太郎
脚本:大島里美
企画・プロデュース:井手陽子
音楽プロデューサー:内澤崇仁、安井 輝
制作・配給:アスミック・エース

ハッシュタグ:#サヨナラまでの30分

公式サイト:映画『サヨナラまでの30分』
公式Twitter:@sayonara_30min
公式Instagram:sayonara_30min

©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
3

以下のハッシュタグを付けてツイッターに投稿すると、その投稿内容が自動で抽出されこちらのページに表示されるようになります。

Tweet - 0

Tweet Loading

Related News

News Categories

News Search

Coming Up