【詳細】映画『きょうのキラ君』中川大志&飯豊まりえWインタビュー

Interviews 映画
2017-02-24 10:00:00
12
別冊フレンドで連載され、累計230万部突破の大ヒットを記録した少女漫画「きょうのキラ君」が、中川大志&飯豊まりえ共演で実写映画化。原作は、「近キョリ恋愛」、「午前0時、キスしに来てよ」で知られる人気少女漫画家・みきもと凜。みきもと作品の中でも切なく純愛なストーリーで、公開前から“キュン泣き”する!と早くも話題沸騰中!

そんな話題作で、学校中の女子が憧れる“キラ君”とヒロインの“ニノ”役を演じた今をトキメク人気俳優・中川大志と、モデルとしても大人気な注目の若手女優・飯豊まりえの2人に話題の“カーテンの刑”など作品の魅力についてや、気になる2人の恋愛観について対談インタビュー!


Q. 本作への出演が決定した時の気持ちをお聞かせください

飯豊まりえ(以降:飯豊):「私がお話をいただいた時には、キラ君役が大志君って決まっていて、それをお聞きした時、中学生の頃からお仕事をさせていただいている仲だったので、凄く不思議な気持ちもあり、大志君とならこういう胸キュンの恥ずかしいシーンもできるって思って凄く心強いなって思ったのが一番ですね。撮影現場でも、アドリブで当日もらった台本などもあって、覚えないといけない!ってアタフタしちゃった部分もあったけど、相手役が大志君だったので、間違えてもいいやっじゃないですけど、大丈夫だよって言ってくれたりとか、ちょっと風邪をひいてしまった時とかも優しく怒らずいてくれたり」

中川大志(以降:中川):「怒らないよ(笑)」

飯豊:「そうやって1ヶ月支えてくれて、以前から面識があるということもあって、凄くやりやすかったです。恋愛モノは今までもありましたが、この王道のキュンキュンする少女漫画の実写はほぼ初めてだったので、お話しをいただけて凄く嬉しかったです!」

中川:「僕は、最近、少女漫画を原作にした実写映画がたくさん公開されてるじゃないですか。だからついに自分も来たか!って思いました(笑)。ついに自分もやれるんだって、嬉しかったです。初めてのジャンルというか、新しい挑戦だったので楽しみと不安も少しはありましたが、出演が決まって原作漫画を読んだ時に、凄く王道で女の子が憧れるキュンキュンな作品の中に、ちゃんと登場人物たちが人間味ある、そこのバランスを上手くとってやらなきゃいけないなって、そこがこの作品の魅力でもあると思うので、そこは意識しましたね。」
Q. 完成した映画を観た時の率直な感想は?

飯豊「私は客観的に観れて、キラ君とニノ、2人を応援したくなるような、エンドロールまで心が温かくなるような作品になってるなぁ〜って、みんな凄い!監督凄い!って思いました。キャラクターたちのセリフも凄い重みがあって、生と死ってテーマがあるからこそ、背中を押される映画に仕上がったなって思いました」

中川:「やってる時は、とにかく無我夢中で演じているので終わった後、自分で観る方が恥ずかしいですよね。だって、自分がキスをしてるところを大画面で観るんですよ(苦笑)」

飯豊:「しかも隣でさ、一緒で観てるっていうのも結構恥ずかしいよね(笑)」

中川:「まぁ、でも、それが仕事なんですけどね(笑)。絶対に普段言わないようなセリフとかもあって、撮影が終わって完成した作品を観て改めて振り返ってみると、恥ずかしかったりするんですよ。なので観ている時は本当に内容がまったく入ってこず、観てましたね(笑)。いろいろあったなって、撮影を振り返りながら観てましたね!」

Q.飯豊さんはどうでしたか?

飯豊:「いや〜、恥ずかしいですよ。キスシーンに関してはスクリーンの真ん中じゃなくて右上の方を観てました(笑)」

中川:「だって、ただでさえ、自分の出てる作品って観たいって僕はそんなに思わないんで、自分が出演してるって、照れくさくって、ない?」

飯豊:「あるよ!(笑)」

中川:「こういう作品はなおさら、普段言わないセリフを自分が言ってる姿を観ると恥ずかしくて本当に照れちゃいます。」

飯豊:「恥ずかしいよね~。こんなの言えないよ~とか、やだ~って思うけど、今回は大志君だから大丈夫だって思いました。凄く優しいオーラなので大丈夫だろうなって、前から知ってるし!」

中川:「優しいオーラ(笑)」
Q.お互いに昔からのお知り合いということですか、今回共演してみてお互いの初めて見た一面などありますか?

中川:「こういう芝居の現場で会うのは2回目なんですが、以前一緒だったドラマからちょっと時間が経っていて、その間にいろんな作品に出て経験を積んだからこそ、ひと回りもふた回りも、ぶれない何か強い、この仕事に対しての覚悟を持って挑んでいるんだって凄く感じさせてくれました。そういう人って分かるじゃないですか、なんでも。この現場には、覚悟を決めてきてるんだなって。僕も含めて、やる前に1回力を入れないとできない作品でもあるというか、だから覚悟を決めている姿が凄く頼もしかったですし、凄い女優さんだなって思いました」

飯豊:「いや、違うの!それは、大志君だったからなの!いつも弱気なんだもん。できるかな〜とか、緊張しちゃうわ~とか思っちゃうけど、ちゃんと“キラ君”に落とし込んできて、大志君は私と違ってちゃんと台本を読み込んできて、“キラ君”を分析して、原作もちゃんと読んで役に挑んでいるので、演じていて自然とボロボロ泣けてきちゃったほどでした。それに私も応えたい!って思ってぶつかってたんだよ。“キラ君”が大志君でよかったなって思いました!」

中川:「本当に!?」

飯豊:「うん!ニノちゃんって凄くキャッチーで個性的な女の子だから、演じるのがとっても恥ずかしかったけど、振り切ってできましたね。一緒に過ごす時間が多かったので、やだな〜って思うところとか、見つかっちゃうんじゃないかって思ったけど、なくって良かったです(笑)! 凄いストイックなんですよね大志君って。当たり前だとは思うけど、役作りをする上で、いろんな体調管理とかもしっかりしていて…。私は崩してしまったんですけど(泣) ほかにも、大志君は役作りのためにちゃんと体重を落としたりするのに対して、私はハンバーガーを食べちゃったりって。もちろん大志君はちゃんと我慢してましたね(笑)」
Q.今作の代表的なキュン要素“カーテンの刑”について

飯豊:「カーテンの刑!? って感じでしたもん(笑)」

中川:「刑かよって(笑)」

飯豊:「なに!? カーテンの刑って!! ちょっとギリギリなところがあるじゃないですか」

中川:「刑ですからね。まさに刑ですよ!(笑)」

飯豊:「(笑)」

中川:「執行ですよ(笑)」

飯豊:「正解がわからなさ過ぎて」

中川:「今だかつて、正解を僕たちもみたことがない!」

飯豊:「私たちのが正解なんだよ、多分(笑)」

中川:「だから、模範をつくらなくちゃいけないですからね。相当現場で練習しました。試行錯誤しながら」

飯豊:「あまり映ってないですが、実際はカーテンの先をちゃんと握ってて、『カーテンの刑』って引っ張ってちょっとお互いが近くなって1キュン!キスされて2キュン!みたいな。キュンが、2ステップくらいあってまさに“キュンキュン”ってコレか!って(笑)」

中川:「カーテンまで引き込んで、カーテンでさらに引っ張る!っていう」

飯豊:「そうそう!あと、カーテンのある窓まで連れていかれても入るから、3ステップありましたね」

中川:「カーテンまで連れてって、カーテンで引き寄せて、キス...(照)」

飯豊:「連れていかれるのもキュンキュンしちゃいますもん。え、なになに? ちょっと怒られてるの? っと思いきや!みたいな(笑)」

中川「カーテンの刑って…いや~(笑)。なんで言えたんだろう!? 今考えると信じらんないんだよ(照笑)」

飯豊:「私もこれどういう風に大志君が言ってくるんだろうなって思ってました。私の友達が実際に言っているところを想像してみたけど、これやばいなって(笑)。大志君どんな風に言ってくるんだろうって思ってたら、もうすんなりでしたからね!」

中川「なかなかキラくんの気持ちになるのも難しかったですよ」
Q.でも嫌味がないというか、どのシーンも自然でした

飯豊:「思います!「勝手に帰ってるんじゃねーよ」ってところもドS過ぎない感じで、切なさもある感じも大志君だからだなって思います!」

中川:「なんにも、出ないぞ(笑)」

飯豊:「(笑)」

中川:「でも、ニノちゃんも難しいキャラクターだと思うんですよ。一歩間違えたらかなり天然すぎちゃう子に見える可能性のある役というか、世界観が独特じゃないですか、友達が鳥だったり。漫画の中の表現って極端になっちゃうのが多いと思うんですけど、それを実際にやるときに、実写だからこそのリアリティーも必要だと思っていて、そのままやることは不可能だと思いました。それでも原作の魅力をしっかりと残しつつ、あ!こんな子いそう!って思わせる自然な感じにはなっていると思います。だからこそ、共感もできるし、応援もしたくなるし。行動や仕草などは原作にあるシーンだったり、セリフだったりですが、それをいかに、観ている人がすんなり入れてリアリティーある流れをつくれるかってところですかね。」
Q.オカメ先生が登場したり、キラ君とニノが動物園をデートしたりと動物と触れ合うシーンが多くありましたが、お二人は何の動物が好きですか? また、ご自身を動物に例えるとしたら、何だと思いますか?

飯豊:「私カワウソに似てるって言われます!」

中川:「あーーー!たしかに!」

飯豊:「好きな動物だったら、最近、夜な夜なマンチカンを調べて画像とか動画を観てますね〜。でも、実はもともとは鳥だけは本当に苦手なんですよ!!」

中川:「今回の映画で克服したみたいな感じ?」

飯豊:「そうですね。オカメ先生だけは大丈夫で!一緒にご飯食べたりとか仲良くなって。でも、私が仲良くなる前に大志君が仲良くなってましたね(笑)」

中川:「僕は肩にフンをされました(笑)」

飯豊:「でも、私にはちゃんと避けるんですよね!洋服につかないように気をつかって位置を確認してくれて(笑)」

中川:「僕には気はつかってくれませんでしたね。完全になめられましたね。こいつはいいやって(笑)」

飯豊:「(笑)」

中川:「僕は、好きな動物は犬ですね」

飯豊:「うんうんうんうん!似てるよね!」

中川:「あと、サルも好きですね」

飯豊:「かわいいよね♡」

中川:「すごいかわいい!あと、オランウータンとか。友達になりたいですね」

飯豊:「何言ってるの?(笑)」

中川:「周りからも犬っぽいってよく言われるので、似てる動物は犬ですかね。犬顔だねって言われますね」

飯豊:「うん!たしかに。寂しそうな顔もできるからじゃない?ちがう?(笑)なんだろう子犬っぽい!」

中川:「人懐っこいというか」

飯豊:「うん!性格も犬っぽい気がする!」

中川:「基本的には、割と人が好きなので」

飯豊:「なんかわかる。白と黒と茶色の色合いの犬に似てるの!結構大きめの。最初は可愛いんだけど、どんどん大きくなっていく(笑)」

中川:「え、最初だけ可愛いの?(笑)」

飯豊:「いや、これは誤解を招く!(笑)可愛さは残しつつ、どんどん大きくなっていく黒と白と茶色の犬ね!可愛くも男らしさもある感じ!」

中川:「なるほどね。ありがとうございます(笑)」

飯豊:「ずっと可愛いんだよ!」
Q.中川さんは“ニノ”に、飯豊さんは“キラ君”に、お互いの役の惹かれる部分は?

中川:「“ニノ”はやっぱり真直ぐなんですよね。真っ直ぐで、一生懸命で。時にそれが空回りしている姿も可愛くて。不器用なんだけど、一生懸命“キラ”の姿だけを見ていて、それが凄く可愛らしいなって思いました。応援したくなるし、ほっとけないというか」

飯豊:「私は、真剣に好きになっちゃったからこそ、軽い気持ちでは付き合えない。真剣に考えてくれているからこその行動とか、凄く素敵だなって思いました。あと「俺の生きる意味はニノだから」ってセリフが凄く好きで、そういう真直ぐにストレートに気持ちを伝えられるところが素敵だなって、魅力的だなって思います。あと「泣くなよ」って言って自分が泣いちゃっているところ。言ってることと感情が真逆っていうギャップは本当に良かったですね。頑張って守ろうとしてくれるところが素敵でしたね!」
Q.恋愛観についてお聞きしますが、キラ君はニノちゃんが男の子と話すと嫉妬して、ニノちゃんはとにかく真っ直ぐで、それぞれに恋愛スタイルがありましたが、お二人は恋愛するとこうなっちゃいます!的な部分はありますか?

中川:「キラがヤキモチ妬いてるのはわかります。刑は執行しないですけど(笑)。勝手に自分の中で、モヤつくことはあると思います」

飯豊:「刑は執行しないけどね(笑)」

中川:「刑はさすがにね(笑)」

飯豊:「私はニノちゃんが手作りケーキを作ったりするじゃないですか、私も好きになったらその人が好きな物とか、日常生活に照らし合わせちゃうというか、こうしたいなとか、これ見せてあげたいなとか、自分と重ねちゃがちになっちゃいます。普段あまりやったりしないですが、サプライズとかしたいなとか思う過程もそうでが、ニノちゃんに共感するところは沢山ありますね。例えば、修羅場みたいなシーンがあって、ニノが走っていっちゃうシーンがあるんですが、私もあんな感じです。私だってヤキモチくらい焼きますけど!って(笑)。絶対口には出さないですけどね。(刑は)執行もしないですけどね(笑)」

[プロフィール]


中川大志
1998年6月14日生まれ
東京都出身
2009年に俳優デビュー。「家政婦のミタ」('11/NTV)で一躍注目を浴び、「GTO」('12/CX)、「夜行観覧車」('13/TBS)、「水球ヤンキース」('14/CX)、「地獄先生ぬ〜べ〜」('14/NTV)、「南くんの恋人〜my little lover」('15/CX)など数々のドラマに出演。一方、2010年に公開された「半次郎」で映画デビューを飾り、映画「青鬼 ver2.0」('15)で初主演を務めた。16年には『全員、片思い』、『四月は君の嘘』など話題作に立て続けに出演し、大河ドラマ「真田丸」(NHK)にも出演。今作では、自身初となる少女漫画の実写化で主役を演じる。

飯豊まりえ
1998年1月5日生まれ
千葉県出身
雑誌「ニコプチ」「ニコラ」の専属モデルを経て、現在集英社「セブンティーン」の専属モデルを務める。 女優としての代表作に朝の連続テレビ小説「まれ」、ドラマ・映画ともにヒロインを演じた『MARS~ただ、君を愛してる~』、4月1日公開の主演映画「暗黒女子」など。今若手女優として最も脚光を浴びている19歳。


映画「きょうのキラ君」特報




<ストーリー>
初めてだった。体が浮いちゃうんじゃないかってくらい、嬉しい気持ちになったのは—。

誰もが憧れるクラスの人気者“キラ”に恋をした“ニノ”。他人と関わることが苦手なニノだったが、キラの重大な“秘密”を知ったことから2人は急接近!

初めての気持ちにとまどいながら、秘密を抱えたキラを笑顔にしようと奮闘するニノの初めての恋の行方は—?

同級生の矢部、キラの幼馴染の澪も加わって、かけがえのない“365日”がはじまった。

キラ君、あなたとずっと一緒にいたい。

映画概要


【きょうのキラ君】
2017年2月25日(土) 全国”号キュン”ロードショー!
出演:中川大志、飯豊まりえ、葉山奨之、平祐奈
監督:川村泰祐
原作:みきもと凜「近キョリ恋愛」、「午前0時、キスしに来てよ」

[HP] 映画「きょうのキラ君」

©2017「きょうのキラ君」製作委員会
©みきもと凜/講談社

この記事の関連キーワード

映画
12

以下のハッシュタグを付けてツイッターに投稿すると、その投稿内容が自動で抽出されこちらのページに表示されるようになります。

Comment - 1

miku.? mikuta2/25
インタビューでもふたりの仲の良さがつたわってて、きっと映画もいい雰囲気なんだろうなあ!!!!!

Tweet - 0

Tweet Loading

Related News

News Categories

News Search

Coming Up