【詳細】映画『ライアー×ライアー』堀田真由 インタビュー

Interviews 映画 コミック
2021-02-16 19:00:00
13
松村北斗(SixTONES)と森七菜の初共演&W主演の映画『ライアー×ライアー』が、アスミック・エース配給により、2021年2月19日(金)に公開される。

原作は、累計発行部数190万部を突破し、2012年度「このマンガがすごい!オンナ編」にランクイン、2015年には第39回講談社漫画賞・少女部門にもノミネートされた金田一蓮十郎の大人気コミック『ライアー×ライアー』(講談社「KC デザート」刊)。ウソから始まる不思議なラブストーリーとして、多くの女性読者の心を掴んだ本作が待望の映画化となる。

両親の再婚で義理の姉弟になった、クールでイケメンな同い年の義理の弟・高槻透(松村)と、ギャルJK“みな”のフリをした恋愛経験ゼロの地味系女子・高槻湊(森)が織り成すラブストーリー。2人を取り囲む共演者として、湊の幼馴染・烏丸(からすま)役に小関裕太、湊の親友・真樹役に堀田真由、透の親友・桂役に七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズ Jr.)が集結!!

今回、本作で湊がJK姿になるきっかけをつくる、湊の大親友でメイクが得意な【真樹】を演じた堀田真由を直撃!! 連続テレビ小説「エール」や「恋はつづくよどこまでも」のほか、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』『超・少年探偵団NEO-Beginning-』『ブラック校則』『殺さない彼と死なない彼女』など、数々の作品で活躍する堀田。「(オリジナルとマンガ原作の)両方をバランスよくやらせていただいて、すごく楽しい」「変身願望があるので、役者をやっているんじゃないかな」と語る。「原作でポイントになる部分や、作品の中で一番伝えたいところを台本に書いている」「ヘアアイロンで髪を巻く方法や、カメラを構える所作を教えてもらった」など、役作りへの並々ならぬ努力が垣間見えるエピソードも満載!また、堀田自身の友達関係や得意な料理、二面性のある男性について、本作の舞台・渋谷周辺のオススメの場所など、気になるプライベートのお話もたっぷり♪ 胸キュンシーンいっぱいの映画『ライアー×ライアー』を観て、口コミをみんなに広めよう!
Q.原作を読んで、どのような印象を持ちましたか?

堀田真由(以下、堀田):嘘から始まった恋というのが新感覚というか、ジェットコースターのように感じました。テンポも速いですし、楽しみながら読みました。オファーをいただいてから読んだので、真樹ちゃんをメインとして読み進めていきました。台本と原作とで違った部分はありますが、原作からポイントになる部分がいろいろとあるので、それを台本に書き足しながら読みました。

Q.堀田さんが本作で演じた真樹について、具体的な役どころを教えて下さい。

堀田:ファッションやメイクが好きな女の子で、(森七菜さん演じる)湊にとって一番の理解者であればいいな、と思いました。自分自身が生きていく上で、何かあった時に叱ってくれる相手や、正しい道に直してくれる存在には、なかなか出会えないと思います。

Q.湊にとって、真樹はお姉さんのようなキャラクターですが、堀田さんが演じる時に気を付けたことはありますか?

堀田:台詞の言い回しというよりは、余裕がある女性に見えたらいいな、と考えながら演じました。ファッション誌でモデルをやらせていただいていますが、メイクはあまり得意ではないんです(笑)。髪も実は(ヘアアイロンで)巻けないので、メイクさんに道具をお借りして、巻く練習をしました(笑)。自分の髪は巻けなくても、ほかの人の髪は巻けるようになりました(笑)。

Q.松村北斗さん(SixTONES)演じる透は、一途な部分とクールな部分とがありますが、二面性のある男性について、堀田さんご自身はどう思いますか?

堀田:クールな部分と一途で甘い部分、というギャップは、女性はみんな好きなんじゃないかと思います。みんなの前ではクールだけど、2人になると甘いというのは、憧れるものがあるので、透は素敵なキャラクターだな、と思いました。

Q.原作に寄せて演じた部分はありますか?

堀田:真樹の部屋で湊にカツラをかぶせてJK姿に変身させてから、台本ではその後の台詞はなかったのですが、原作では「湊 童顔だし余裕じゃんよ」という台詞がありました。それを台詞としては言いませんが、台本に書き足して、自分がアドリブで何かを言うにしても、そういう雰囲気のことを言う女の子だから、その意識でいようと思いました。「ギャル」の役、ということだったので(笑)、そういった雑誌も読みました。真樹がカメラで写真を撮るシーンも、「プロのカメラマンのように撮ってほしい」と(耶雲哉治)監督から言われて、お世話になっているカメラマンさんに、カメラを構える所作を教えてもらいました。真樹は、自分自身が持ってない部分をたくさん持っている女の子ですね。

Q.これまでもマンガ原作の作品に出演されていますが、オリジナルの脚本と、マンガ原作の作品とで、演じるうえで意識の違いはありますか?

堀田:マンガ原作は、正解があるものですし、マンガのファンの方に実写化して「良いもの」と思ってほしいので、できるだけ忠実にやりたいという思いは強いです。その分、オリジナルのものだと、あれしようかな、これしようかな、と遊んでいますね。(オリジナルとマンガ原作の)両方をバランスよくやらせていただいて、すごく楽しいです。
Q.森さんとの撮影で、一番印象に残っているシーンを教えてください。

堀田:合コンのシーンです。私はこれまであまりコメディ作品をやったことがなかったのですが、『ライアー×ライアー』の中で、一番わかりやすくコメディチックなシーンだと思いました。監督からも、透にメールを送信するときに「顔を派手にやっていいよ」と言われて、どんどん楽しくなっていきました。

Q.森さんと親友同士な様子がとても素敵でした。堀田さんご自身も「友達に助けられ、見守られて成長できた」という経験はありますか?

堀田:高校2年生の時に、夢を追いかけるために上京しました。高校1年生までは地元の学校に通っていて、そこでの親友が今でもずっと仲よしです。芸能界を目指す、という人が地元ではなかなかいなかったのですが、それを真樹ちゃんのように一番理解して、夢を応援してくれました。親友は、毎回私の出演作品を観に行って、感想も言ってくれます。親友も「ギャル」というとなかなかイメージが湧かないと思いますが(笑)、感想が楽しみです。
Q.湊と小関裕太さん演じる烏丸が犬山城でデートするシーンや、JK“みな”と透がカラオケや遊園地でデートするシーンが出てきます。完成した作品を観て、キュンキュンしたシーンや、「こんなデートいいな」と思ったシーンはありますか?

堀田:遊園地のバイキングですね(笑)。作っていない感じがいいな、一緒に楽しんでいる感じがいいな、と思いました。“みな”と透の胸キュンシーンは、観ていてニヤニヤしました(笑)。可愛いな、と思います(笑)。

Q.湊との関係性を見て、堀田さんご自身の友達関係はお姉さん役でしょうか?それとも、湊のように応援される側になることが多いですか?

堀田:フラットな人が一番楽だと思います。話していて、自分が素でいられる人と一緒にいたいです。先輩だとまた違いますが、友達関係では、お互い気を使わなくていい人と仲良くなることが多いです。

Q.堀田さんご自身は、相手に対して嘘をつくのは得意なほうですか?

堀田:つけないです。それなら言ってしまいます(笑)。顔にたぶん出ますね(笑)。わかりやすいと思います。

Q.連続テレビ小説「エール」のとみや、FOD「いとしのニーナ」のニーナなど、二面性のある役が得意な印象を受けました。ご自身で思い当たるところはありますか?

堀田:二面性のある役をいただけるのはありがたいな、と思います。自分自身もやっていて楽しいですね。「最終的にこういうふうになりたいから、最初はこうしよう」など、役を組み立てていく作業も、二面性があるほうが単調にならずに楽しいです。映画を2時間ぐらい観ていても、終わって覚えているところというのは限られています。なので、自分自身がこの役として山場がどこなのか、作品の中で一番伝えたいところを、台本に赤ペンで書いています。ここを際立たせたいから、ここは泣かない、など、考えながらやっていました。

Q.真樹として、赤ペンで印をつけたのはどこですか?

堀田:湊に「また“みな”になるというのは、嘘を始めるということだよ。本当にそれでいいんだね?」と言うところです。今まではずっと、湊に「JK姿になるのは、もうやめな」と言っていたのに、湊の本心がわかり、真樹は「バカに最後まで付き合ってやるか」という優しさを見せます。そこが緩急のつくところかな、と思ったので、ガッと赤ペンで印をつけました。
Q.今回ギャルの役でしたが、堀田さんご自身も変身願望はありますか?

堀田:変身願望があるので、役者をやっているんじゃないかな。自分自身とは違う役をやらせていただいて、毎回変身しているので、変身願望はあると思います。最近、お上品な役のお話をいただくことが多くて、ガサツな役をあまりやったことがないので、やってみたいです。いつもは自分とかけ離れている役が多いので、組み立てやすいですが、逆に自分自身に近い役柄だと、難しいのではないかと思います。「ザッツ普通」な役や、ガサツな役をやってみたいです。

Q.本作は、渋谷スクランブル交差点から物語がスタートします。堀田さんご自身が、原宿や渋谷周辺で、お気に入りの場所やオススメのお店などはありますか?

堀田:マネージャーさんとよく行くのが原宿にある「原宿餃子楼」(笑)。安くてキュウリが一番美味しいです(笑)。コスパがいいので、けっこうみんなが並んでいます。今はコロナの影響で行けないですが、また行けるようになったら、私がいるかも知れないです(笑)。

Q.堀田さんは最近、バラエティ番組でネタを披露されていますが、それも一種の変身願望でしょうか?

堀田:今、番組でサンドウィッチマンさんや、野生爆弾のくっきー!さんとご一緒させていただいて、バラエティの師匠だと思っています。世の中が、二足の草鞋を履くことが当たり前になってきています。もちろん女優が軸にあるのですが、ほかのことをやることによって、女優に対していろんな深みが出ると思います。

Q.若い世代にキュンとしてもらいたいところなど、映画の魅力を教えてください。

堀田:本作は、生きていくうえで大切なことを教えてくれる作品です。笑ったり、泣いたり、喜怒哀楽のある作品だと思っています。映画館に観に来てね、となかなか大きい声では言えないですが、自粛期間中にドラマや映画という娯楽が大切だと確信しました。JK“みな”のことを透が何分待てるか、湊が試すシーンもありますが、わかるな、と思います(笑)。女の子は「どれぐらい本気でいてくれるんだろう」というのが気になると思います。胸キュンできる作品なので、友達に「よかったよ」という口コミを広めてほしいです。
Q.SGSは、10代から20代の、堀田さんと同世代の原宿系の女の子が読者層なのですが、外出自粛がきっかけで見つけた、新しい趣味などはありますか?

堀田:料理ですね。去年ぐらいから自分の体のことを考え始めて。自分で作ると何を入れているかがわかります。砂糖の代わりにはちみつにしようかな、とか、そういうところを変えられるので、料理をするようになりました。

Q.得意な料理はなんでしょうか?

堀田:最近はマーボー豆腐を作りました。番組で、「バズレシピ」で有名な料理研究家のリュウジさんに、レシピを教えていただきました。リュウジさんのYouTubeを観るとすごく簡単に作れるので、それを観て作りました。リュウジさんのレシピは野菜を一気に入れるなど、時短でとにかく美味しくできるので、いつもそれを観ながら作っています。

Q.ファッションブランドとのコラボもされていますが、最近作ったお気に入りのお洋服について教えてください。

堀田:「Isn't She?」さんとのコラボで、スウェットとカバンとセットアップを作りました。私が一番気に入っているのが、スウェットです。すごくお気に入りのものが作れたので、お仕事に行くときによく着ています。

Q.昨年の夏、コロナ禍で撮影が行われましたが、撮影中苦労したことはありますか?逆に、今までと違って新鮮だな、と感じたことはありますか?

堀田:外出自粛期間があけて最初の撮影がこの作品でした。撮影の方法も変わって、これに慣れていかなければならないのか、と思っていましたが、森七菜ちゃんがいつも消毒の容器を持っていて、何かあったらシュッとしてくれました(笑)。コロナの影響もありましたが、すごくなごみながら、楽しみながら撮影に取り組みました。

ありがとうございました。


▼▼ [プレゼントの応募はコチラ] ▼▼

[プロフィール]
堀田真由
1998年4月2日生まれ。滋賀県出身。WOWOW連続ドラマW「テミスの求刑」(15)でデビュー。「チア☆ダン」(18/TBS)、「3年A組‐今から皆さんは、人質です‐」(19/NTV)、「恋はつづくよどこまでも」(20/TBS)、連続テレビ小説「エール」(20/NHK)など注目作への出演が続き、2020年には、「non‐no」専属モデル、結婚情報誌「ゼクシィ」の13代目CMガールにも選ばれている。主な映画出演は、『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』(19/河合勇人監督)、『ブラック校則』(19/菅原伸太郎監督)、『殺さない彼と死なない彼女』(19/小林啓一監督)など。

本予告



<ストーリー>
恋愛経験ゼロの地味女子大生・湊は、両親の再婚で義理の弟になった同い年の透と同居中。超無愛想だけどイケメンで女癖の悪い透が原因で、2人の仲はギクシャク、お互いに冷たい態度を取り合っている。ある日、親友・真樹の頼みで高校の制服にギャルメイクで街に出た湊は、偶然にも透に遭遇……!湊はとっさに別人の JK“みな”だとウソをつき、それを信じた透は“みな”にまさかの猛アプローチをかけてきたー!すぐに正体を明かすつもりが、見たこともない健気で一途な透の姿に、真実を言いづらくなった湊は、“みな”として透と付き合うことになってしまう。別れるタイミングをうかがう湊だが、「付き合ってくれて本当に嬉しいよ」と笑う透を見て、不覚にもキュンとして……!? そんな時、大学のサークル交流会で再会した幼馴染の烏丸からも告白!? ウソから始まった前代未聞の【2人なのに三角関係】は、ライバルの登場でさらに複雑化!湊のウソはバレる?バレない? そしてラストに明かされる、もう1つの≪ウソ≫とは!?

映画概要


【ライアー×ライアー】
2月19日(金) ロードショー!
出演:松村北斗(SixTONES) 森七菜
小関裕太 堀田真由 七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)/ 板橋駿谷 竹井亮介 相田翔子
原作:金田一蓮十郎『ライアー×ライアー』(講談社「KC デザート」刊)
監督:耶雲哉治
脚本:徳永友一
音楽:遠藤浩二
主題歌:「僕が僕じゃないみたいだ」 SixTONES(Sony Music Labels)
製作:『ライアー×ライアー』製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT
配給:アスミック・エース

[HP] 映画『ライアー×ライアー』
[Twitter] @liarliar_movie
[Instagram]liarliar_movie

©2021『ライアー×ライアー』製作委員会 ©金田一蓮十郎/講談社
13

以下のハッシュタグを付けてツイッターに投稿すると、その投稿内容が自動で抽出されこちらのページに表示されるようになります。

Tweet - 0

Tweet Loading

Related News

News Categories

News Search

Coming Up