土屋太鳳VS芳根京子の衝撃の問題作! 話題の女性シンガー・Aimer(エメ)が、初の実写映画主題歌を担当!エモーショナルな唄声をのせた『累-かさね-』最新予告映像も初解禁!!

Culture
2018-07-06 10:48:00
2018年9月7日(金)より全国東宝系にて公開される映画『累-かさね-』の主題歌を女性シンガーAimer(エメ)が担当することが発表された!本作が自身にとって初めて実写映画を担当となる。

現在、13巻が発売され累計発行部数220万部突破、イブニング新人賞出身の新しき才能・松浦だるまが放つ『美醜』をテーマにした人気コミック「累-かさね-」(講談社「イブニング」連載中)が、『ストロベリーナイト』や『キサラギ』を手掛けた佐藤祐市監督により、実写映画化。キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を使って顔を入れ替える主人公、“醜い”累(かさね)と“美しき”ニナを、土屋太鳳と芳根京子の二人が鬼気迫る演技で、それぞれ、1人2役=2人1役を演じる。

この記事の関連キーワード

映画

Related News