【詳細】映画『兄に愛されすぎて困ってます』片寄涼太&千葉雄大 Wインタビュー

Interviews 映画
2017-06-27 19:20:00
27
「Sho-Comi」(小学館)で大人気連載中の夜神里奈の最新作にして、原作コミック(1〜7巻)が累計180万部を突破した絶賛発売中の少女漫画「兄に愛されすぎて困ってます」が、ヒロインに土屋太鳳を、その周りを取りまくイケメン達に片寄涼太(GENERATIONS EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮を迎え実写ドラマ&映画化。

いろんなタイプのイケメン達とせとかとの恋模様にドキドキ&キュンキュンが止まらないと映画公開前から話題沸騰中!

また、主題歌は、片寄涼太が所属するGENERATIONS EXILE TRIBEの甘く切ないバラード「空」に決定し、POPで楽しい世界観だけど、大切な人を思う切ない気持ちも描かれたまさに“兄こま”にぴったりな曲だ。

そんな話題作で、恋に恋する女子高生・せとか(土屋太鳳)のヤンキー系ツンデレお兄・はるかを演じた片寄涼太と、せとかの初恋の相手で、セレブ系ののしり王子・高嶺を演じた千葉雄大の今をときめく注目イケメン2人に作品についてや、もし女の子だったら登場するイケメン4人のうち誰を選ぶか、プライベートのファッションまで、魅力を余すことなく対談インタビュー!
Q.本作への出演が決定した時の気持ちをお聞かせください。

片寄涼太(以降:片寄):「僕は今まであまりお芝居の経験がなかったので、出演が決まって嬉しかったですね。有難いチャンスを頂いたなと思いました。まっさらな気持ちで挑戦させていただこうって思っていたんですけど、その反面不安な部分もありましたし、本当に自分でいいのかなって気持ちもありました」

千葉雄大(以降:千葉):「恋愛ものに何度か出させていただいてるんですけど、今回は結構お兄さん的なポジションだったので、そういう意味では新しいのかなって。ちょっと大人な感じが求められるようになってきたのかと思いました」

Q.完成した映画を観た感想は?

片寄:「一生懸命頑張って良かったなって、気合を入れて心を込めて頑張った結果、こんなに素敵な作品に仕上がったんだなって、本当に嬉しい気持ちでいっぱいでした」

千葉:「演じたり、台本を読だりしている中で、コミカルなシーンも沢山あるので、割と明るい作品だと思っていたんですけど。完成した映画を観たら、明るいところは明るく、そしてしっとりするところはしっとりしていて、凄くメリハリがきいていて、観た人たくさんの感情をもらえるよううな、喜怒哀楽がハッキリしている映画だなと。凄くいいなって思いました」
Q.恋のライバルを演じるお2人ですが、現場でのお2人のエピソードを教えて下さい。

千葉:「全然ライバル感はなかったよね」

片寄:「全然なかったね(笑)」

Q.撮影現場でのエピソードで印象に残っていることは?

片寄:「神社の撮影の時に、子供の頃のシーンを撮影するってことで夜まで待たないといけなくて。昼間に時間に空きがあったので、僕と千葉さんと太鳳ちゃんと杉野君と拓弥君の5人で、近くのカフェでお茶したのが楽しかったですね」

千葉:「蕎麦食べてたよね」

片寄:「蕎麦がそこの名物みたいで。お店に入った時、蕎麦の提供時間が過ぎてたんですけど、そこのお店の方が凄く優しくて、特別に余ったものを出してあげるって言ってくれて。みんなで蕎麦を食べました。僕は食後、蕎麦粉のホットケーキみたいなスイーツも食べましたね。美味しかったな。撮影中もそんな感じで仲良しでした!」
Q.ここを観てほしい!っという本作の胸キュンシーンは?

片寄:「胸キュンしてほしいってくらい苦労したのは、お風呂場でせとかの首にキスする所ですね。あのシーンはめちゃくちゃ苦労したというか、何度もやらせていただいたシーンでした。僕というよりは、監督がもっともっと、と何度もやらせていただいた感じで。凄く刺激的なシーンだとは思うんですけど、切ないと思っていただけたら嬉しいです」

千葉:「自分のシーンじゃないんですけど、せとかとはるかで海辺を歩いてるシーンがいいですよね。全てが明らかになった後の2人の可愛いさが凄く詰まっていて。自分の胸キュンシーンは分からないです(笑)」

片寄:「僕は千葉さんの教会の去り方は、現場にいた時点で切なすぎて。高嶺さん・・・ってなりました。キュンッとしちゃいました(笑)」
Q.自分がもし、せとかの立場で誰か1人を選ぶとしたら、4人の中で誰と付き合いたいですか? (ヤンキ―系ツンデレ<はるか>。セレブ系ののしり王子<高嶺>。ホスト系スウィートBOY<千秋>。ヘタレ系塩顔男子<国光>)

片寄:「それぞれ魅力的なので悩みますが、僕は、意外とヘタレ系塩顔男子かな。気を使わなくて一緒にいて楽なんじゃないかなって思うので。他の人の方が刺激的ですけどね」

Q.千葉さんはどうでしたか?ご自身のキャラでもいいんです

千葉:「高嶺は絶対ヤダ(笑)僕は、ホスト系スウィートBOYですね。でも絶対なびかない!みたいな」

片寄:「あーーー!なびかない女子ですね!」
Q.では、ずっと追われる立場ですね

千葉:「そう、ずっと追われて本当は好きだけど…みたいな」

片寄:「なるほど。それ上手(うわて)ですね」

千葉:「だってなびいちゃうとこの人さ、自分の好きな人には興味ないわけじゃん。それ切なくない?」

片寄:「それは切ないですね」

千葉:「そういう恋愛ドラマをやりたいですね。ヒロインとして!(笑)」

片寄:「嫉妬したりとか、あと顔に出るところ!実は僕、結構顔に出やすいタイプで。そういう所が似ているかな。はるかは隠しているようで見え見えじゃないですか。そこは凄いわかるなって思います」

千葉:「僕は、高嶺の物事をちょっと俯瞰からみている所とか。僕も割とそういう所ありますね」

片寄:「確かに、冷静なタイプですよね」

千葉:「はい、僕冷静です」

2人:「(笑)」

千葉:「あとは、全然違いますね。セレブでもないですし」
Q.では、客観的にみてお互いのキャラクターに似ているなと思う所は?

片寄:「高嶺は近づいたら刺激をたくさん知ってそうじゃないですか。千葉さんもミステリアスな部分をお持ちの方なので、そういう知らない世界を教えてくれそうな大人な雰囲気は似ているなって思いますね」

千葉:「知らない世界…いやいや~(笑)。はるかは結構違うよね。でも、小さい時から妹は僕が守るみたいなはるかの姿をみると、そういう一つ決めた信念は貫いていくタイプっていうのは同じじゃないかな」

片寄:「確かに負けず嫌いですね」

千葉:「うん、精神的な所は似ているんじゃないかなって思いますね」

Q.プライベートでは、どのようなファッションがお好きですか?

片寄:「自分に似合う服を選ぼうと心掛けています(笑)」

千葉:「結構幅広いよね」

片寄:「そうですね。やっぱり、最近はGENERATIONSとしての自分と、個人の自分とで若干ファッションの面で変えているのかなって最近思います。GENERATIONSはストリートの香りがするグループなので、ファッションの面でもストリートを意識していたなって思うんですけど、最近は気にしなくなってきて。私服は、意外と綺麗めなものとか好きで着ていますね」

千葉:「僕は、割とモノトーンなものも多いし、でもストリートっぽいものも好き。ミックスでどっちも合わせたりするのも好きですね」
Q.最後に、本作の見所や読者の皆さんへメッセージをお願いします。

片寄:「いろんなイケメンが出てくるので、誰がいいなっていうのも見定めながら観て頂きたいなと思います。ドラマでキャラクターを把握していただいて、映画で一人一人の結末を観て、やっぱりこの人が良かったかもって思わせてくれるような、それぞれの魅力が詰まった映画になっていると思います。いい意味で予想を裏切られる、推しが変わる可能性がある映画だと思うので、そういう所も楽しんでいただけたらなって思います」

千葉:「女の子だったら、ヒロインのせとかちゃん目線で観るのもいいと思います。それこそ、本当にいろんな男子が出てきて、それぞれがヒロイン同様に感情の起伏があったりするので、性別は違うけど共感できるキャラクターを見つけるっていう見方も楽しいんじゃないかな。あとは、4人のキャッチコピーだったり、雰囲気でこの人好きだなっていう推しを見つけて欲しいです。でも観ていくうちに違う人も魅力的だなって思っていただけたらいいな。僕たちもライバル関係でやっているわけだから、観る人にもそう思っていただけるようにありたいと思ってるので。兄こまは、凄くコミカルで、イメージもカラフルな感じなんですけど、意外と切なかったり、最後しっとりしたりもする、いろんな面で楽しんで観られる満腹感のある映画だなって思います」

[プロフィール]


片寄涼太
1994年8月29日
大阪府出身
2012年にシングル「BRAVE IT OUT」で、GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカルとしてメジャー・デビュー。2014年には、俳優としてドラマ「GTO」に初出演。2017年7月5日には
アルバム「涙を流せないピエロは太陽も月もない空を見上げた」をリリース。

千葉雄大
1989年3月9日生まれ
宮城県出身
最近の映画出演作に、「黒崎くんの言いなりになんてならない」、「殿、利息でござる!」などがあり、2017年には、「暗黒女子」「ReLIFE リライフ」、「帝一の國」「亜人」(9月30日公開)など次々と話題作へと出演している。10月からはNHK連続テレビ小説「わろてんか」に出演。


映画概要


【兄に愛されすぎて困ってます】
6月30日(金)全国ロードショー
出演:土屋太鳳、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮ほか
監督:河合勇人
脚本:松田裕子
原作:夜神里奈「兄に愛されすぎて困ってます」(小学館「Sho-Comi」連載中)
主題歌:空/GENERATIONS from EXILE TRIBE

[HP] 映画『兄に愛されすぎて困ってます』

[Twitter] @anikoma_movie

公式ハッシュタグ:#兄こま

©2017「兄こま」製作委員会
©夜神里奈/小学館

この記事の関連キーワード

映画
27

以下のハッシュタグを付けてツイッターに投稿すると、その投稿内容が自動で抽出されこちらのページに表示されるようになります。

Comment - 2

RINA Angel0807/18
ドラマを見た時、ドSだけど高嶺さんは大人っぽくてかっこいいなと思いました!映画でも高嶺さんに、観てる私もキュンとしたり、高嶺さんの気持ちを考えると涙がポロッと出たり、観ててつまらなかったりしませんでした!映画を観て4人のなかで私の推しはやっぱり高嶺さんだと思いました!本当に満腹感のある映画でした!
RINA Angel0807/18
ドラマを見た時、ドSだけど高嶺さんは大人っぽくてかっこいいなと思いました!映画でも高嶺さんに、観てる私もキュンとしたり、高嶺さんの気持ちを考えると涙がポロッと出たり、観ててつまらなかったりしませんでした!映画を観て4人のなかで私の推しはやっぱり高嶺さんだと思いました!本当に満腹感のある映画でした!

Tweet - 0

Tweet Loading

Related News

News Categories

News Search

Coming Up