相葉雅紀、松本穂香、上原剣心、江口のりこ、中田秀夫監督が“それ”がいる森に集合!映画『“それ”がいる森』公開前夜祭開催

Culture
2022-09-30 11:43:00
不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台に、実際に数々の“それ”を見たという目撃情報をベースに描かれるホラーエンターテインメント。相葉雅紀演じる・淳一が住む町で、住民の不審死や失踪事件が相次いでいて、松本穂香演じる一也の担任・絵里とともに、森の中で得体の知れない“それ”を目撃したところから、怪奇現象に巻き込まれていく本作。上原剣心演じる息子・一也は、江口のりこ演じる元妻・爽子と東京で暮らしていたが、突然ひとりで淳一の元を訪ね、しばらく暮らすことになる。 “それ”を目撃した淳一たちにあの世を超える恐怖が迫り来る―。 “それ”と遭遇した彼らに一体どんな恐怖が待ち受けているのか・・・!? 未知の恐怖へ誘うホラーエンターテインメント『“それ”がいる森』が、大ヒット公開中!

9月29日(木)に実施された前夜祭では、ステージに造り上げた『“それ”がいる森』の中から相葉雅紀、松本穂香、上原剣心、江口のりこ、中田秀夫監督が登場。完成した映画の初お披露目を前に、公開を迎える今の気持ちや、“未知の恐怖” にちなみ、キャスト同士共演して感じた互いの「未知の一面」を告白。キャスト同士が語る、知られざる未知の一面とは!?

この記事の関連キーワード

映画

Related News

News Categories

News Search

Coming Up