【詳細】『劇場版 ねこ物件』古川雄輝 インタビュー

Interviews 映画
2022-08-04 19:03:00
9
古川雄輝主演による人気ドラマ「ねこ物件」の映画化となる『劇場版 ねこ物件』が、8月5日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。

家族ってなんだろう?美味しいご飯。猫のいる生活。心地よい場所。

“ねこ×イケメン×シェアハウス”をテーマに、今年の春ドラマとして話題を呼んだ「ねこ物件」が劇場版として公開。二星優斗は祖父・幸三の死をきっかけに残された2匹の猫、クロとチャーと共に“猫付きシェアハウス”を始めることに。不動産会社の広瀬有美の手を借りながらイケメンばかりが入居する“二星ハイツ”が出来上がった。劇場版では、優斗が猫付きシェアハウスを始めた本当の理由が明らかに。

猫と人との繋がり方や新しい家族の形を描いたハートフル・ストーリーが生まれた―。

猫付きシェアハウスを舞台に、猫と人との繋がり方や新しい家族の形を描いたハートフル・ストーリーの本編で、主人公の二星優斗を演じるのは、プライベートでも猫を飼い、念願のねこドラマで初主演となる古川雄輝。そして、細田佳央太、上村海成、本田剛文、松大航也が出演し、若手イケメン俳優が勢揃い。さらに劇場版では、金子隼也がドラマのカギを握る役柄で登場。優斗の祖父役に竜雷太が出演し、まさに新旧イケメンがスクリーンを埋め尽くしている。他に四つ葉不動産の広瀬有美役に長井短、猫カフェの店長役に山谷花純らが出演。

今回、本作で人付き合いが苦手な主人公・二星優斗を演じた【古川雄輝】を直撃!細田佳央太、長井短、3匹のねこと共演してみての感想や、劇場版で変化した部分のほか、みんなと仲良くなるためにバスケとスケボーに励んだ学生時代や、ペットショップで出会った「ルーク」と野良ねこだった「ステラ」、2匹の飼いねこの自慢話まで、ファン必見の秘エピソードが満載♪
Q.ご自身もねこがお好きで、念願のねこドラマ&映画初主演とのことですが、役が決まった時のお気持ちを教えてください。

古川雄輝(以下、古川):「ねこの作品が決まったら、ねこを飼っている話をしよう」と以前から思っていたのですが、なかなか決まらなくて(笑)。ねこを飼い始めて6~7年が経って、ねこたちが大人になってしまったタイミングで、今回の役が決まりました。ねこが好きで「ねこの作品ができたらいいな」と思っていたので、主役という形でこの作品に出会えてすごく嬉しいです。

Q.撮影に入る前に、具体的に準備したことはありますか?

古川:今回演じた優斗はかなり世間知らずで、変わった方という設定。なので「それをどれくらいの歩合でやるか」というのを綾部監督と話し合いました。コミカルに演じてしまうと現実離れするので、監督と話し合った結果「ほんわかとした雰囲気を持つキャラクターにしてみよう」と思い、そういう演じ方をしています。極度にねこが好きな人って、少しだけ変わっているというか。自分の知り合いでそういう人がいるので「そのよさが出せればいいな」と思いました。
Q.古川さんが飼っているねこの自慢話をお願いします。

古川:ルークとステラ、2匹のねこを飼っています。ルークはアメリカンショートヘアのシルバータビー。ペットショップで抱っこをした時に、ルークがゲージに戻ろうとして、ゲージにボンッと突っ込んだんです。それを見て「あ、この子だ」と思って決めました(笑)。

ステラは野良ねこで、家の近くを歩いていたら「ニャー」と聞こえて、「なんだ?」と思っていたらひざの上にのぼってきたので、それを拾って飼い始めました。ステラはオスで、ものすごくやんちゃなのですが、足が長くてスタイルが良くて可愛いです。逆にルークは、短足で顔ものっぺりしていて、「ニャー」と言わず「プスッ」と言うんです。「鼻が詰まっているのかな?」みたいな。「プスッ、プスッ」と言うんですよ。

一同:(笑)。

古川:高いところから降りる時、普通のねこはオシャレにスタッと着地するのですが、ルークはドタッと倒れるんです(笑)。

一同:(笑)。

古川:「ねこなの?たぬきなの?」みたいな感じで、でもそこが可愛くて。そんなルークですが、遊びに来た別のねことステラがけんかをしていたら、今まで見たことがないくらいのスピードでブワーッと走ってきて「プスッ」じゃなくて「ニャー!」と言ったんです(笑)。そういう時だけ正義感が強くて「けんかはダメニャー!」みたいな。

一同:(笑)。

古川:普段はジャンプとか一切しないのに、その時だけ飛び越えてきて「けんかはダメニャー!」という感じでした。
Q.本作で3匹のねこと共演されていかがでしたか?

古川:もちろん、ルークが一番可愛いのですが(笑)、あの3匹の中ではチャーが圧倒的に可愛いです。抱っこ慣れしているんですよね。黒ねこのクロちゃんはけっこう恥ずかしがり屋で、ビビリで、ソファーの奥に潜ってしまうし、抱っこもダメで、ねこっぽい性格なんです。チャーは慣れてくると抱っこさせてくれたり、近寄って来たり、興味津々だったり。ししまるはまだねこじゃらしで遊ぶくらい子供。ししまるは、自分の役柄ではあまりふれあいがないので、圧倒的にチャーを推しています。

Q.ドラマ版は入居者たちの物語で、それぞれの日常を描いていましたが、劇場版はどちらかというと優斗にスポットが当たっていますよね。

古川:ドラマ版は起承転結がそんなにないんです。松大航也くん演じるファンくんのお父さんが台湾から来る以外、事件がなくて。ほのぼのとした生活を描いていて、それがすごく癒しで。でもそんな中、実は伏線が散りばめられていて、それを全部回収するのが劇場版です。

Q.劇場版で変化したのはどういった部分でしょうか?

古川:変化で言うと、彼自身がすごく成長しています。優斗の成長物語がドラマ版で描かれて、その延長線上で劇場版では自分の弟を探しに行く。ドラマ版の優斗のキャラクターからすると、だいぶしっかりしてきています。
Q.撮影現場でのみなさんの雰囲気を教えてください。

古川:ねこの撮影自体がすごく大変だし、古民家がものすごく寒いんです。12月に撮っていて、暖房もないので、環境は寒かったのですが、そうした中にねこがいるというのはやはり癒しで。撮影現場自体は、綾部監督がすごく空気づくりが上手と言うか、誰よりも楽しんでいました。監督が楽しんでいると役者もノリますし、あまり「ああしてこうして、それはダメだ」とかはやらず、カット尻が長くて、台詞が終わった後もなかなかカットをかけられないので、必然的にみんなアドリブ大会みたいになっていて、そのよさが全部出ていました。「綾部監督がすごくいい空気を作っていたな」と思います。

脚本も今回監督が書いているのですが、ねこ好きの人の意見を何度も聞きながら書いたそうなので「ねこが好きな人が共感できる台詞がけっこう入っているな」という印象です。
Q.みんなで朝食を食べるシーンなど、作中での食事シーンや料理を作るシーンがとても美味しそうでした。やっていていかがでしたか?

古川:優斗は料理がすごく上手な設定で、包丁で具材を切った後もサッと横に置いたりしているので、フードコーディネーターさんに所作を教わりました。自分自身自炊を毎日しているのですが、そんなに所作を気にしたことはなくて(笑)。ぶつ切りにして炒める、みたいな料理をしているので(笑)、そういうところは気を付けながらやりました。グルメドラマと同じくらいグルメがきちんと出てきて、プロの方が作っているので、すごく美味しいんです。台詞が少なければ演技しながら食べられるので(笑)、「どれを食べよう?これが美味しそうだな」と決めて食べていました

Q.完成した作品を観て癒されたシーンや、「いいな」と思ったシーンについて教えてください。

古川:好きなのは玄関のシーンです。あんなにもしっかり「お帰り」「ただいま」の玄関のシーンを描く作品はあまりないと思って。住人たちが入居してきて「お帰り」「ただいま」を言う関係性ができてきて、最後の方になるとみんなでくつひもを結んでいるシーンも出てきて、意図的に玄関前のシーンを監督が撮っています。それがすごく好きですね。
Q.長井短さん演じる有美とのシーンが劇場版では特に多くて、不動産屋のシーンもすごく面白くて、劇場版から「ねこ物件」を観た人でも楽しめると思いました。長井さんとの空気感はどういった感じだったのですか?

古川:ドラマ版で長井さんが初めて登場したのが、ねこに対して「うわあ!」とビックリするシーン。「うわあ!」という一言しかないのですが、動きの中に 5、6個くらいテクニックが入っていて。見ただけで瞬時に「舞台で鍛え上げられていて、演技がお上手だ!」と思いました。そこから不動産屋のシーンに入った時に、長井さんは普通の人が選択しないであろう台詞の捉え方や言い回しをしてきました。よく見るとわかるのですが、全部変化球を投げるんですよね。舞台『室温~夜の音楽~』でも共演しているのですが、すごく魅力的で、お上手で。あまり褒めると「ハードルを上げないでよ!」と長井さんから言われてしまうのですが、「天才」と書いておいてください(笑)。

一同:(笑)。

Q.長井さんとやり取りをしていて印象的だったシーンについて教えてください。

古川:不動産屋のシーンでは、ねこがいないんですよ。だからお互い芝居だけに集中できるので、スムーズですし、やり取りが面白い。長井さんが変化球をバンバン投げてくるので、自分はそれを受けていくだけというか。「そんな読み方をしてきたんだ」とか。やっていて面白かったです。
Q.住人役のイケメン男性たちと共演されていかがでしたか?

古川:細田佳央太くんは撮影開始当初19歳で、自分は33歳でした。細田くんが20歳の誕生日を迎えられて、プレゼントをあげたのですが「20歳になったし、どんなお酒がいいですか?」と質問されたので「こういうお酒がいいよ」と言いました。その1週間後くらいに自分が34歳の誕生日を迎えたのですが、その時話していたお酒を買ってきてくれたんです。「なんて大人なんだろう。そんなことできる20歳いる?」と思って。このメンバーの中でも圧倒的に礼儀正しくて真面目で大人なんですよね。だから「すごいな」と思って。「こんなに年齢が離れているのに、この子が一番大人だな」と思いながら撮影していました。

Q.「ねこは人と人とを結びつける天才」という台詞も登場しますが、古川さんご自身は今まで「同じ趣味を通して仲良くなれた」とか「好きなものが同じで繋がれた」といった経験はありますか?

古川:まさにそれをやっていました。帰国子女なのですが、海外に初めて行った時にまったく英語がしゃべれなくて友達ができなかったんです。ですが、当時流行していたものをやってうまくなれば、言葉がしゃべれなくても必然的に誘われるから、当時バスケとスケボーが流行していたので、その2つをものすごく練習して、それをもとに仲良くなろうとしました。自分はコミュニケーションを取るのが苦手なので、今もそうかも知れないですね。麻雀が好きなのですが、麻雀を一緒に打っていると、けっこう長い時間一緒に過ごすので必然的に仲良くなれます。趣味を通して仲良くなることはあるかも知れないです。
Q.「ねこは人生の師匠です」という台詞も登場しますが、古川さんにとって身近だけど、実は師匠のように尊敬できる存在はいますか?

古川:ここ最近で言うと、ドラマ「嫌われ監察官 音無一六」の主役が小日向文世さんなのですが、人柄が素晴らしくて、すごく惹かれるものがあって。「あの人の悪口を言う人はいない」と言うくらい優しくて。小日向さんは68歳なのですが「自分もそういう先輩になれたらいいな。尊敬するな」と思います。

Q.古川さんお気に入りのねこシーンについて教えてください。

古川:朝起きて、ひざにチャーが乗っているシーンです。初めてやった時に「おはよう、チャー」と言ったら、チャーに「シャーッ!」とキレられて。それがめちゃくちゃ可愛くて。「可愛い、怒ってるー」と思いました。カメラを先に回して「ねこがひざに乗った、乗った!スタート!」で撮影が始まって「おはよう」とやるんです。チャーは、本当はすごく嫌がっていたようですが、我慢してくれたのであのシーンを撮影できました。人間とねこが同時進行で映っている映像は、撮るのがすごく難しいんです。ねこ単独なら後からでも撮れるのですが、人間と一緒だと本当に難しいです。ねこがいい芝居をしていて、そこで自分が台詞をミスしてしまったら、ねこは2度と同じふうにゴロンとしないわけで。プレッシャーがすごかったですね。
Q.作品の見どころや、古川さんが共感する部分について教えてください。

古川:タイトルに「ねこ物件」とついているので、「ねこの映画だ」と思われがちですが、美味しいグルメが出てきたり、ほのぼのとした話だったり、とにかく癒し系の作品で、何も考えずに観られます。ねこの物語のように見えますが、主人公が成長していく様子がしっかり描かれているので、そこを観ていただけたら嬉しいです。

Q.SGSは10代から20代の女の子を対象とした原宿系のファッションサイトで、原宿では今、ハリネズミカフェやマメシバカフェが流行っていますが、古川さんが動物と触れ合えるカフェで行ってみたいところはありますか?

古川:この前マメシバカフェに行きました。昔ふくろうカフェにも行ったことがあります。動物全般が好きなので、やはりそういう場所は好きです。

Q.10代から20代の女の子に向けた、注目ポイントを教えてください。

古川:男性限定のシェアハウスなので、自分好みの男性が出てくるかも知れませんし、とにかく可愛いにゃんこたちが出てくるので、そうしたものを観ながら癒されてください。

ありがとうございました。


▼▼ [プレゼントの応募はコチラ] ▼▼

[プロフィール]
古川雄輝
1987年12月18日生まれ、東京都出身。
7歳でカナダに移住し、中学卒業と共に、単身カナダからアメリカ・NYへ渡る。慶應義塾大学時代、2009年にミスター慶應コンテストのグランプリ、翌10年に「キャンパスターH★50with メンズノンノ」で審査員特別賞を受賞する。2013年主演ドラマ『イタズラなKiss~Love in TOKYO』が日本と同時に中国で配信され大ヒットを記録。中国版ツイッターWeiboのフォロワー数が430万人を突破し、中国で絶大な人気を誇る。『曇天に笑う』(18/本広克行監督)『となりの怪物くん』(18/月川翔監督)、『屍人荘の殺人』(19/木村ひさし監督)などの大ヒット映画にも出演。2022年は「ねこ物件」を始め、「liar」「神様のえこひいき」「嫌われ監察官 音無一六」と既に4本の連ドラに出演。更に、主演舞台『室温~夜の音楽~』(22/河原雅彦演出)が上演された。

予告



<ストーリー>
幼い頃に両親を亡くし、家族は祖父・幸三と2匹の猫、クロとチャーだけ。
祖父の他界で仕方なく始めた“猫付きシェアハウス”。
狭い世界で生きてきた二星優斗の人生は、新たな一歩を踏み出した―。

2匹の猫、クロとチャーと暮らす二星優斗、30歳。唯一の肉親である祖父・幸三が亡くなったことから始めた“猫付きシェアハウス・二星ハイツ”には、それぞれの夢を持つ4人の同居人が住んでいたが、みな次のステージへと巣立っていった。不動産会社の有美から、かつての入居者たちの活躍を聞かされ、二星ハイツの再開を促されるが気乗りがしない。しかし、祖父が遺した手紙に書かれていた、幼い頃に離ればなれになった弟の存在を想い出して、探し出すことを決意する。その方法とは、“猫付きシェアハウス”と自分の存在を全国に知らしめて、再び住人を募ることだった。そんな優斗をサポートしようと入居者だった、修、毅、丈、ファンの4人が二星ハイツへと帰ってきた。そんなある日、加納直人と名乗る人物が入居希望者として現れたのだが―。

映画概要


【劇場版 ねこ物件】
8月5日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開
古川雄輝
細田佳央太 上村海成 本田剛文(BOYS AND MEN) 松大航也
金子隼也 山谷花純
長井短 竜雷太
監督・脚本:綾部真弥
制作プロダクジョン:メディアンド
企画・配給:AMG エンタテインメント
配給協力:REGENTS
製作:「ねこ物件」製作委員会

© 2022「ねこ物件」製作委員会
9

以下のハッシュタグを付けてツイッターに投稿すると、その投稿内容が自動で抽出されこちらのページに表示されるようになります。

Tweet - 0

Tweet Loading

Related News

News Categories

News Search

Coming Up