【詳細】2021年の幕開けは、“美男子コンビ”で眼福♡ 注目の“二世俳優”パトリック・シュワルツェネッガー×マイルズ・ロビンスが豪華タッグを組んだ映画『ダニエル』2月5日(金)公開!

Culture 映画
2020-12-29 21:00:00
1
2020年も残りあとわずか!今年も、邦画界では『とんかつ DJ アゲ太郎』など話題作に引っ張りだこだった北村匠海を始め、俳優デビュー後、わずか2年でドラマ・映画に大活躍の岡田健史など、美しき“ニューフェイス”が存在感を発揮!一方、洋画界でも、『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』等で唯一無二の美貌を放ち、女性をメロメロにさせたティモシー・シャラメなど、“美男子たち”が大活躍。

そんな彼らにスクリーンで釘付けになった女性たちは必見!今回は、2021年を彩る“美男子コンビ”が活躍する話題作の一部をご紹介♪

【美男子×ミステリー】“祓える男”と“視える男”が怪奇事件解決に挑む<除霊ミステリー>!岡田将生×志尊淳『さんかく窓の外側は夜』(1/22 公開)


霊が“祓える男”冷川(岡田将生)と、“視える男”三角(志尊淳)の<心霊探偵バディ>ムービー。幼いころから霊が視えると特異体質に悩まされていた三角は、ある日、除霊師・冷川と出会ったことをきっかけに、ともに除霊作業の仕事をすることに。ある日刑事から、未解決殺人事件の捜査協力を持ち掛けられ、調査を開始するとふたりは自殺した犯人の霊と出会う。冷川が三角に触れると、犯行時の状況がフラッシュバックのように浮かび上がり、徐々に真相へ近づいていくが、そんなふたりの前に“呪いを操る”女子高生・非浦英莉可(平手友梨奈)が現れ・・・。真の異色コンビがバディを組み、“除霊”という特殊能力で怪奇事件の解決に挑んでいく本作。ホラー好きはもちろん、キャスト好き、バディ映画好き・・・どの要素でも楽しめる本作は、趣味が違う友達同士で観に行っても盛り上がりそう!

【美紳士×アクション】あの人気シリーズが新コンビを結成!レイフ・ファインズ×ハリス・ディキンソン『キングスマン:ファースト・エージェント』(3/12 公開)


表の顔は高貴なる英国紳士、裏の顔は世界最強のスパイ組織の活躍を描く人気シリーズ最新作。舞台となるのは、第一次世界大戦の勃発前夜。世界大戦を密かに操る謎の狂団に、英国貴族のオックスフォード公(レイフ・ファインズ)と息子コンラッド(ハリス・ディキンソン)が立ち向かう。人類絶望の危機が迫る中、ふたりは仲間たちと共に戦争を止めることができるのか―?世界最強の超過激スパイ組織“キングスマン”の誕生秘話はもちろん、同シリーズならではのド派手なアクションも必見!ブリティッシュ・スーツに身を包み、キレッキレのアクションを決めるNEWコンビの活躍に、思わず目を奪われてしまうはず。友達、恋人、家族・・・誰と観に行っても楽しめる一本!

【美青年×スリラー】ハリウッドが期待・・・話題沸騰の“二世俳優”が豪華タッグ!パトリック・シュワルツェネッガー×マイルズ・ロビンス 『ダニエル』(2/5 公開)

『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッド製作、ハリウッド期待の二世俳優が贈る“イマジナリー×スリラー”『ダニエル』。

主人公は、両親の離婚により孤独な幼少期を過ごしていたルーク。心に傷を抱える彼の拠り所は、自分以外には見えない親友=ダニエルの存在だった。ある事件を機にそんな“空想上の親友”を封印したルークだったが、時が経ち不安と孤独に苛まれたことで長年の封印からダニエルを呼び起こす。カリスマ性に溢れ妖しくも美しい魅惑的なダニエルは、孤独なルークにとって再び“唯一の理解者”となっていき、やがてルークの生活は一変。すべてが順調に進み、いつしかダニエルを必要としなくなるが、ダニエルはそれを許さず、次第にルークを支配しようと動き出す―。

映画『ダニエル』予告編



孤独なルークと心の奥底に狂気を隠し持つダニエル・・・。両極端なふたりのブロマンスから一転、“狂乱の世界”へと引きずりこみ、予想を裏切る衝撃のクライマックスが待ち受ける衝撃作だ。内気で繊細な青年ルーク役には、『ショーシャンクの空に』のティム・ロビンス&オスカー女優スーザン・サランドンを両親に持つ、ハリウッド屈指のサラブレッド俳優、マイケル・ロビンス。魅惑的なオーラを放つ“空想上の親友”ダニエル役には、あの誰もが知るアクションスター、アーノルド・シュワルツェネッガーを父に持つ、パトリック・シュワルツェネッガー。ハリウッドから熱視線を集める、実力派<二世俳優>コンビの豪華タッグが実現!
先日解禁された場面写真では、どこか儚げにルークの寝顔を見つめるダニエルや、廊下の片隅で体育座りをしながら見つめあう2人の姿が見られ、互いを必要としあう“親友以上”の特別な関係性が伝わり、観る者の想像力を掻き立てる。

その一方で、仲睦まじい様子とは対照的に、ルークに冷たい視線を向け、まるで別人な表情を垣間見せるものから、謎の数式が刻まれた肉体美を披露する姿や、不気味な笑みを浮かべる様子を捉えたものも。その“何かがおかしい”異様な空気が漂うカットからは、ルークもまだ知らないダニエルの得体の知れない恐ろしさが感じられる。
すでに日本版予告も公開され、「予告で一気にこんなに惹かれたの久々」「洋画でこういうの見たことない」と本作ならではの異色な世界観に魅了される声も続々!ルークとダニエル、美しい2人の関係性はもちろん、これまでの映画にはない新感覚<イマジナリー×スリラー>にゾクゾクさせられること間違いなし。

時には美しく、時には恐ろしい存在感で魅了する空想上の親友“ダニエル”とは、一体何者なのか――?

その答えを、ぜひ劇場で確かめてほしい。

映画概要


【ダニエル】
2021年2月5日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイント、グランドシネマサンシャイン(池袋)ほか全国公開!
製作:イライジャ・ウッド
監督・脚本:アダム・エジプト・モーティマー
キャスト:マイルズ・ロビンス、パトリック・シュワルツェネッガー
配給:フラッグ
【R15+】

©2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事の関連キーワード

映画
1

以下のハッシュタグを付けてツイッターに投稿すると、その投稿内容が自動で抽出されこちらのページに表示されるようになります。

Tweet - 0

Tweet Loading

Related News

News Categories

News Search

Coming Up