山﨑賢人が1995年から2025年へ時を超える!? 伝説のタイムトラベル小説 『夏への扉』実写映画化&2021年公開!

Culture
2020-06-29 06:00:00
1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛される「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)。伝説的なSF小説が、山﨑賢人を主演に迎えて初の実写映画化、2021年に公開される。

本作では、舞台を日本に再構築し、1995年から2025年へ時を超え、人生のすべてを奪われたロボット科学者が未来を取り戻す冒険物語として蘇る。興行収入57億3000万円、2019年に公開された邦画で実写作品1位を記録した『キングダム』の大ヒットで、今最も新たな出演作が期待される俳優・山﨑が新たに挑戦するのは、孤独な科学者・高倉宗一郎(たかくらそういちろう)。騙され奪われた研究の結晶ともいえるロボットや会社、大切な人を30年の年月を超えて取り戻しにいく。先日地上波でオンエアされ、上映から35年を経てもなお人々を熱狂させた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのマーティのごとく時を超えて活躍する、どん底からのリベンジを誓う新たなヒーローを山﨑がどう演じるのか、注目だ。

この記事の関連キーワード

映画

Related News

News Categories

News Search

Coming Up